富士宮やきそば 公式ガイドweb

富士宮やきそば公式ガイドブック(1刊2刊)をアップデート。富士宮風お好み焼き&しぐれ焼き、富士山グルメなども掲載。Fujinomiya yakisoba and beyond - Official guide. fujino38.com(フジノミヤコム).

富士宮やきそばノボリ旗にまつわる大きな誤解。【 注意喚起 】

知ってもらいたい、マジメで大事なお話し。富士宮やきそばノボリ旗についての解説です。市内各所やイベントなどで、よくオレンジ色のノボリ旗を見かけると思いますが。実はこの富士宮やきそばノボリ旗を掲げる一番の目的は、「富士宮やきそばが有る、やきそばを売っている」というアピールではありません。では一体何なのかといえば、ノボリ旗を掲げる店や業者などが「富士宮やきそばを使ったマチ起こし賛同する意思表示であり証しに他ならないです。ノボリ旗を立てる資格を受けるための加盟についても、地域おこし活動に賛同また協力したいと判断した人や店舗などから申し出で、自主的に登録を行ってます。(勧誘や強要はしてないそう)

富士宮やきそばノボリ旗=地域起こしの象徴!!
そもそも旗はシンボルとして作為的に掲示されるもの。富士宮やきそばのノボリ旗が増えることは陣取り的にも明確な、成果の見える化 なんです。まずはこのことを分かってもらいたい、と思います。

f:id:fujino38y:20190820042713j:plain
ただし、諸刃の剣のように見過ごせない問題も起こっています。それはノボリ旗の役目は宣伝や商売だろうと思っている人たちが相当数いるところ! 事情を知らなければ、ニョキニョキ「雨後の筍」のごとくノボリ旗が増えてうっとしい。嫌悪感をもった意見がでるのは仕方ないでしょう。周知努力を含めて関係先の管理運営面の責任は当然あると思います。

f:id:fujino38y:20190820043007j:plain
富士宮やきそばノボリ旗(有無だけ)で店選びはヤメよう!!
申告を信頼し。地域おこしに賛同すると云ってくる以上、加盟を拒む理由もなく。ノボリ旗は増殖していくので、いい店もダメな店も混り共存します。それぞれの素性や技量は不明瞭でピンキリです。過去の話はともかく、現在また今後を考えれば、店や業者の良し悪しはノボリ旗などの有無では図れない。ほんとに注意してください。

f:id:fujino38y:20190820043033j:plain
地域おこしは建前、利己最優先の店や業者は少なくない!!
バツグンの知名度を誇る富士宮やきそば。腹の中でこの絶大な恩恵を利用しようと目論んでいる店や業者は数えきれません。マチ起こしの根幹は郷土愛です。商いの成立は大事ですが、あまりにのない方の行為があります。関係者などの苦労は絶えません。

f:id:fujino38y:20190820043020j:plain
良い店・悪い店を感じとる、また見分ける目安と対策!!
富士宮市内また近隣に店舗等を構えるところは、リアルな世間体があるうえ、情報を得られるため必然的に素性やレベルを伺い知ることができますが。イベント等だけに現れる出店や露天商、および遠方など目の届きにくい店などは、何かしら残念な部分が多いように感じます。そもそもノボリ旗を掲げていない良い店は存在してますから。ノボリ旗をはじめ看板や装飾で猛プッシュする「虎の威を借る的」な店や業者はアウトオブ眼中が正解。





富士宮 しぐれ焼き【完全公開】焼き方と特徴

実は地元民にとって富士宮やきそば以上に、思い入れやこだわりの強いものが富士宮お好み焼きであり、富士宮しぐれ焼きです。これまで富士宮やきそばばかりフィーチャーされてきましたが、これからは一歩踏み込み、富士宮しぐれ焼きに大注目。富士宮やきそば富士宮お好み焼きの神コラボを楽しんでください。

富士宮 しぐれ焼き(ノーマルタイプ調理例)

重ね焼きタイプの富士宮お好み焼きがベースになります。今回の紹介画像はイカや玉子などのトッピングをしない場合です。

f:id:fujino38y:20190812003805j:plain
1.まず生地を鉄板に円形にうすく広げる。

f:id:fujino38y:20190812003821j:plain
2.切ったキャベツやネギなど具材を重ねてしばらく焼く。

f:id:fujino38y:20190812003837j:plain
3.空いたスペースで富士宮やきそば特有の「むし麺」を焼く。

f:id:fujino38y:20190812163353j:plain
4.焼きそば(むし麺)を重ねて乗せる。

f:id:fujino38y:20190812163416j:plain
5.「肉カス」をのせて焼く。「肉カス」は富士宮の食文化を語るうえではハズせない特有の食材。

f:id:fujino38y:20190812003942j:plain
6.紅生姜などをのせる。(写真手前が富士宮しぐれ焼き。後ろ3つは富士宮お好み焼き・豚肉トッピング)

f:id:fujino38y:20190812003956j:plain
7.焼き具合をみて生地を上からまわしかける。

f:id:fujino38y:20190812004058j:plain
8.タイミングを見極めて一気にひっくり返します。

f:id:fujino38y:20190812004118j:plain
9.焼き手の技量や人柄があらわれるコテさばき。上手な人は動きが淀みなく美しい。
返した後、焼き上げながら、コテで平たくします→<ポイント>解説

f:id:fujino38y:20190812004136j:plain
10.焼けたらソースを刷毛でしっかり塗りつける。


<完成>
f:id:fujino38y:20190812004208j:plain
富士宮やきそば同様に削り粉(鰯や鯖)と青海苔粉を振りかけて出来上がり。
見た目は、ほぼ富士宮お好み焼き。とても残念なのは写真映えしないところ。味わい優先、飾り気のないご当地グルメだと受けとめてください。
「しぐれ焼き」名の由来は、焼く音が雨音(しぐれ)に似ているから。焼き上がると麺が時雨模様に入るからなど幾つかあります。


<ポイント>
f:id:fujino38y:20190813000538j:plain
富士宮しぐれ焼きと富士宮お好み焼きは、コテ(ヘラ)で押さえつけ全体を平らに形成します。フチより中央部が少し盛りあがるよう湾曲させるのが特徴。同系である重ね焼きタイプの広島風お好み焼きと違う点です。


f:id:fujino38y:20190812004301j:plain
富士宮 しぐれ焼き shigure-yaki
富士宮やきそばが中から登場。富士宮やきそばのモチモチ感が相乗した独特の世界、ボリューミーで食べ応えがあります。
富士宮やきそば富士宮お好み焼きを別々に注文すればいいじゃんと思うのは早計。しぐれ焼きならではの混然一体の味覚は別物です。


しぐれ焼きにしろ、富士宮やきそばにしろ。作り方はお店や焼き手によって少しづつ違います(けっこうアバウト)。レシピ的というよりもセンスや流儀のように感じます♡

富士宮っ子に言わせれば、富士宮やきそばは基本的に家で作って食べるもの。(家に鉄板がなくて作れない)富士宮お好み焼きは外で食べるものだそう。そのため、お好み焼きの店選びや美味しさにシビアで一徹な人たちがたくさんいます。


備考
●広島風お好み焼き(重ね焼きタイプ、焼いた生地の上に具材をのせる、麺(焼きそば・うどん)が入る)。
●関西風お好み焼き(混ぜ焼きタイプ、生地と具材を混ぜ合わせる、麺を加えたものがモダン焼き)。



【 新名称 】富士宮やきそばアンテナショップ 2019年8月

富士宮市宮町、浅間大社前 「お宮横丁」にあります、富士宮やきそば店舗等の名称が変更しています。マスコミ および メディア 関係のみなさまは、注意が必要になってます。


旧) 富士宮やきそば学会アンテナショップ
   ↓  ↓  ↓
新) 富士宮やきそばアンテナショップ

*「 学会 」の二文字が取れています


f:id:fujino38y:20190810030420j:plain

富士宮やきそばアンテナショップ ( 管理運営 株プロシューマー )

* 住所・電話番号等は変わりません
〒418-0067 静岡県富士宮市宮町4-23 お宮横丁内
TEL 0544-22-5341 / FAX 0544-22-6147


富士宮やきそば」に関わる管理運営体制などが変ったことが改名の理由です。
名称変更以外の情報についても随時、開示されるという話です。




富士宮やきそば店・富士宮お好み焼き店、閉店や休業したお店ガイド。[ まとめ 1 ]

店主たちの高齢化。病気やケガ。また後継者がいないなど、さまざまな理由や事情が考えられますが。ここ数年、閉店&休業が急増している気がします。
ただ、しばらく休業や閉店状態だったお店が、ひょっこり営業再開したりするのもまた富士宮らしさ。「閉まった(仕舞った)」と思いつつ、どこかで再開を期待しちゃいます。


● 渡辺商店
富士宮市矢立町1000)
ステキな駄菓子屋さんでした。閉店し今はお店の建物自体が無くなってます。

● こんどう
富士宮市阿幸地町408)
現在、営業していません。閉店しています。

● 瓔珞 ようらく
富士宮市大宮町2-5)
地元民に愛された中華料理店。惜しまれつつ閉店。

● ぴいぷる水上
富士宮市大宮町30-7、TEL0544-24-9161)
現在、営業していません。閉店したみたいです。

● ゴールド
富士宮市大宮町13-17、TEL0544-27-4993)
店主が身体を悪くしてから休業がち。時おり営業しているので呑みに
寄りたい(名物はネギ焼き)。出店等でたまに商店街のイベントにも
居います。フジロック出店はやめましたが朝霧ジャムは続けたいそう。

● ショウリン亭
富士宮市野中町471)
閉店し今はお店の建物自体が無くなってます。

● 杉山
富士宮市野中527-2、TEL0544-27-1424)
大好きな店でした。数年前はときたま営業していましたが。
どうやら閉店してしまったようです。

● 虹屋 宅配&イートイン
富士宮市野中東町119-2、TEL0544-23-4422)
閉店した、いや時々は営業してる、と情報が錯綜してます。

● 味わい処 小粋 こいき
富士宮市野中34、TEL0544-23-8494)
ただいま休業中、店主は目標に向かって準備中ということです。
仲間内の依頼などには対応してくれるみたい!?

● おたふく
富士宮市舟久保町16-14、TEL0544-23-3424)
最近なん度か足を運びましたが営業している感じがしません。
好きな店なんで営業してくれてると良いのですが、、、

f:id:fujino38y:20190602010510j:plain
▲ おたふく いつも店主夫妻のあったかい笑顔に元気をもらえました。






富士宮やきそば特有の「 むし麺 」アレンジレシピ。お好みで・作って・食べる。

富士宮市内のスーパーマーケット等では、富士宮特有の「むし麺」を販売していて地元民はよく買っていく。実は、富士宮の人たちはお店でやきそばを食べるよりも、うちで作って食べることの方が断然多い。こちらこそがメインの消費です。
スーパー等の「むし麺特売日」になれば、まとめ買いするのは常識。とくに育ち盛りの子供がいる家庭では必需品といいます。たくさん買っても「富士宮やきそば用の蒸し麺 」は冷凍庫で凍らせれば長期の保存もできるんですよ。
買いだめし頻繁に家で調理するワケですから、食べ方〜アレンジレシピはさまざま。定番のソース味以外に、パスタ風の洋風アレンジ、辛味スパイス系、こだわりのトッピング派。さらにラーメンや鍋のシメまでにこの麺で作ります。


今回は自宅で「マルモ食品」の「むし麺」を使い、カレーを使って煮込んだ汁なしラーメン? を作ってみました。(見た目はアレなんですが)イケましたよ(自画自賛

f:id:fujino38y:20190521005924j:plain

煮込んだので当然ですが、それでもマルモのむし麺は他より水分を吸い膨らむ(伸びるとは少し違う)感じがします。富士宮やきそばを作るときにマルモのむし麺は水加減がデリケートとよく云われますが。公式ガイドブックの取材をしてた15年前はマルモのむし麺はもっと太く膨みやすく、焼そば店の店主らが口をそろえて「マルモの麺はその日の機嫌があるから焼くのが楽しいんだよ」と話してました。現在はむし麺の製造自体が経年・変化して、現在のマルモは焼きやすいと評判ですが、この辺りの移り変わりもまた記事にしたいと思います。

アレンジレシピ> やきそばの麺を煮込むと聞くと、意外に思うかもしれませんが、これがなかなか侮れないお味。本来富士宮やきそばの調理にはコツがいるので、富士宮やきそば特有の「むし麺」を、こーいったアレンジ料理で気軽に楽しむのもオススメです。


富士宮やきそば用の「むし麺」といえば、この3社から!(2019年 令和)

f:id:fujino38y:20190521005915j:plain
20年以上前から地元民に親しまれ続ける富士宮やきそばの三大製麺所(マルモ食品、叶屋、曽我めん)。
富士宮市内に製麺所をかまえるマルモ食品(弓沢町)、叶屋(宝町)、曽我めん(上井出)。それぞれで作られる富士宮特有の「むし麺」で、富士宮やきそばが出来あがる


f:id:fujino38y:20190521005939j:plain
▲地元スーパーの「むし麺」売り場。需要が高いため一般的な麺類と区分けするコーナー展開も多い。マルモ食品叶屋ならほぼ置いてます。


まとめ>
富士宮っ子にとって富士宮やきそばは家で食べるもの」という感覚が主。お店で食べるより「家で作る焼きそばがイチバン」という意見もつよい。各家庭でアレンジレシピあり
富士宮やきそば店をスマホ検索等で探すのは、観光客など市外から訪れた場合がおおい。(地元民は家食が主。または行きつけ店、数軒を愛用)
富士宮やきそば特有の「むし麺」は存外アレンジレシピがイケる。この面白い日常世界は、マツコも知らない。


おまけ>
静岡のラーメン好きに評判がいい富士宮の「麺屋ブルーズ」(大宮町)。この店では叶屋が製造したラーメンの麺を使用。マニアからレベルが高い麺という反応をよく見かけます。(私個人は餃子推しなんですが、その話はまた)